Greeper Lacesを愛用しているのは、トライアスリートやランナーばかりではありません。靴ひもを結ぶのが困難な方にも重宝、愛用されています。Greeper Laces が世の中に出ると、作業療法士によって日々の生活でのGreeper Lacesの持つ補助機能の重要性が明らかになりました。そこで、さらなる理解を得るために、グリーパー開発者のピーターグリーディー氏が、積極的に障害者への理解と活用性を確かめるために、作業療法士はもちろん、医療専門家をまじえて、一緒に取り組んできました。

その結果として、グリーパーは、全てが一緒に製作されている一つの商品であり、アスリートから障害者まで、どんな人でも使用することが可能な商品だとわかりました。

それを踏まえて、これまで、自閉症、運動障害、アスペルガー症候群、ダウン症候群、関節炎や他の多くの患者に対して使用してもらい、この障害者に対しても不自由のない便利な商品として、大きな成功を得てきました。

さらに、作業療法士との相談し、最終的な答えとして、片手でもグリーパーを使用することができる小さな補助製品であるグリーパーアシストを開発までたどり着きました。詳細は、下記のビデオにて御覧ください。

広告