グリーパーレースの1箱セットには、下記が付属されています。

  • ストッパー付きのひもが2つ
  • プラスティックカバーが2つ

(注意:シューズに取り付けていない状態では、ひもを緩めたり締めたりすることはできません。無理に引っ張り扱うと破損の原因になります。)

greeperlacesblackdescription

ストッパーひもの取り付け

1.シューズから、元のひもを取り外し、ひものない状態にする。

2.一番最初の穴に、ストッパーひもの先を、下記の2通りから好みを選んで通します。

A. 外側から内側に向かって通す場合、サポートやフィット感を重視、長距離ランナーにおすすめ
ハーフマラソン、マラソン、ミドルやロングディスタンスのトライアスロン、テニス、サッカー
B. 内側から外側に向かって通す場合、履きやすさを重視、脱着時間短縮におすすめ
オリンピックディスタンスのトライアスロン、フィットネス、ジョッギング、

3.2番目の穴から、内側から外側に向かって、ひもを交互均等に通していく。

(注意)シューズのベロに、ひもを通すことを忘れないように気をつけましょう。

4.最後の穴も、内側から外側に向かって、ひもを通しましょう。

ここでフィッティングを調整

5.ひもを結ぶ前に、一度、シューズを履いてみます。

6.センターロックのひもが、一番緩んだ状態にし、両ひもを均等に2センチ以上の長さを残します。

7.一番上の穴から下に向かって、順々にひものきつさを調整していきます。

(注意:ひもを、下から上に向かって、きつさを調整してしまうと、ひもを締める際に、センターロックひもが、長すぎてしまう原因となるので気をつけましょう。)

8.最後の穴を通したひもを、一度簡単に結び、ひもを踏まないように気を付け、歩いたり、走ったりして、フィット感をチェックします。

プラスチックカバー取り付け

9.フィット感を確認した後、プラスチックカバーを取り付けます。

10.プラスチックカバーを、上から下に向かってひもを通します。

11.カバーを裏返して、ひもを固結びすれば、完成です。

12.残ったひもは、余計な部分を切ってしまうか、長いまま内側へしまったり、結んだりしても大丈夫です。

使用方法

緩める:ストッパーから出ている尻尾のタグを、引っ張ると緩みます。

締める:輪っかのひもについている、丸い透明ポッチを、指でそれぞれ掴み、一度上にひっぱり、横へ引き締めあげます。

広告