日常の生活でも活躍

日常生活で起こる靴ひもの問題には、多くの意見があります。

例えば、

  • 歩いてたり、走ったりしてると、靴ひもが緩んでしまう
  • 靴ひもを外す時に、なぜかひもが絡まって外れなくなる
  • ひもを結ぶことが、少し面倒くさい
  • 朝玄関を出るときに、少しでも時間を節約したい
  • スポーツジムなどで、ロッカー移動の際、結ぶ手間を省きたい

この様な悩みがある方は、グリーパーレイスを装着して頂ければ、その問題をすぐに解決してくれます。片手で引っ張り緩めるだけで、簡単に脱ぐことも可能です。靴ひもが勝手にほどける心配もありません。ポリエステル素材の靴ひもを使用しているので、常に足をサポートし、怪我の予防にもつながります。

当初、この靴ひもの開発目的として、幼児にも簡単に結べる靴ひもが発端でした。そのため、アスリート達だけではなく、実際結ぶことに悩んでいるお子様からシニアの方にも、優しい靴ひもとしても愛用されてます。

グリーパーレイスと他のゴムひもの違いは?

現在、ゴムひもなどのスパンデックスやストレッチ素材を使うメーカーを多数見かけます。ですが、大手シューズブランドが納品する際には、ゴム素材ではなく、ポリエステル素材などの伸縮性が少ない靴ひもを採用しているのは、なぜでしょうか?

それは、やはりそれぞれのシューズの特性を、最大限に引き出す靴ひもとして、伸縮性が少ない素材を使用することが、そのシューズにとって一番良いからだと思われます。実際、先進的なシューズブランドのOnNewtonなども、グリーパーレイスと同素材の靴ひもで販売していました。

onimagephoto

IMG_3865

ゴム素材のひもを使用しているディスタンスランナーだと、1年くらいで、ゴムが伸びてしまいサポート感を失います。最悪の場合、ひもが切れてしまうというハプニングも起こり得ます。サポート感を失ったシューズで、トレーニングを続けると、練習効率が低下し、怪我の原因になったり、少なからずパフォーマンスに影響することがあります。

もし、この様なことで悩んでいる方は、一度グリーパーレイスを使用してみてください。ゴムひもと比べて、サポート感の違いを実感できることでしょう!

purchase-logo

広告